妊活とマカ記事一覧

マカとは南米ペルー原産の植物です。現地では古くから健康によい植物として知られ、インカ帝国でも王族をはじめとした上流階級の栄養源として活用されていたといいます。学名は「レビディウム メイェーニ ワルプ」と呼ばれ、アブラナ科に属しています。現地ではとうがらしやジャガイモといった南米原産の農作物と並ぶ重要な食べ物であり、また輸出資源として扱われています。厳しい自然環境で育つため栄養価が優れているその特徴...

妊活にマカを活用する夫婦も増えています。不妊対策は女性はもちろん、夫婦どちらにとっても精神的な負担がともなうものです。そこでマカをうまく活用していくことで効果はもちろん、精神的な負担も軽減することができるのです。何しろサプリメントですから、毎日手軽に服用していくことができます。妊活に与える一番の効果はホルモンバランスの調整マカが妊活にもたらす具体的な効果の第一はホルモンバランスを調節する効果です。...

マカが健康・美容に広く用いられるようになったことでさまざまなメーカーからマカサプリメントが販売されるようになっています。しかしこれらマカサプリメントには一つ難点があります。それは1日の目安の摂取量をカバーしようとすると錠剤やカプセルをかなり服用しなければならないこと。製品によってその量は異なりますが、8〜10粒程度摂取する必要があるものもあります。錠剤やカプセルが苦手な人にとっては毎日摂取していく...

せっかくマカサプリを活用するならできるだけ効果を引き出せるようなやり方で摂取していきたいものです。基本的にマカはどのような環境で摂取しても効果が得られますからそれほど神経質になることはありませんが、少し注意や工夫をすることで効果を高めることも可能です。効果を引き出すには、1日の摂取量を守るまず基本的なところとしては1日の摂取量。多くのサプリメントでは1日2000ミリグラム程度に設定して1日の用量を...

マカで妊活を行う際にはそれだけに頼らず、日々の生活の中でいろいろな対策をうまく組み合わせて行きましょう。そうすることで妊娠のチャンスがもっともっと高まるはずです。基礎体温を計測することで、排卵状態を確認できるまず基礎体温の計測と排卵の確認。自分の月経周期を把握するだけでなく、健康状態を知っておくうえでも基礎体温の計測は非常に重要なポイントとなります。病院で不妊治療を行わず、夫婦だけで行っていく場合...

マカだけでなく他のサプリメントをうまく組み合わせていくことで妊娠のチャンスを増やすこともできます。葉酸は妊活だけでなく妊娠中にも摂取まず葉酸。これは妊活だけでなく妊娠中にも摂取が推奨される成分です。心身のストレス解消に役立ち、月経周期の改善に役立つとされています。現代社会ではとくに重要視されている成分です。なお、妊娠中に摂取すると胎児の奇形を防ぐなどの優れた効果もあります。それから鉄分やカルシウム...

妊娠に関しては言い方はよくありませんが、タイムリミットの問題もつきまといます。現代社会では高齢出産のケースが増えていますが、年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しにくくなりますから、妊活では時間との戦いという面も備えているのです。妊娠のタイムリミットを左右するのは、卵子の老化この妊娠のタイムリミットに関しては卵子老化が大きな問題となります。卵子は妊娠するうえで欠かせないものですが、年齢を重ねていけばいくほ...

不妊治療は時間とお金がかかるといいます。そしてそれ以上に妻の側の精神的・肉体的な負担が大きく、夫婦生活の大きな問題になってしまうことも少なくありません。そのため不妊治療に踏み切る際にはあらかじめどのようなことが行われ、どれぐらいの負担が必要になるのかを知っておくことも大事なのです。不妊治療は1人1人に適した段階的な治療が行われる不妊治療ではステップアップ治療という治療方法が広く行われています。検査...